クラミジアに悩まされる男性

クラミジアは日本で最も感染者数が多い性病として知られています。
これはクラミジア・トラコマチスと呼ばれる細菌によって発症します。
細菌によって感染するので、細菌を死滅させることによりクラミジアを治療することができます。

クラミジアに感染すると、その症状以外の性病への感染リスクが高まります。
放置することは大変危険なことなので、クラミジアに対する正しい知識を身に着けて対策しましょう。

クラミジアの感染経路は性行為がほとんどです。
クラミジアの原因菌は空気中で生存することができません。
性行為による粘膜の接触以外に感染は考えられず、感染者の近くに居ることで空気感染することはありません。

性行為の際にクラミジアに感染する確率は50%以上と非常に高いです。
最も感染者が多いとされているクラミジアですが、それには理由があります。
それは、クラミジアの感染者と性行為をしていないと思い込んでいる方が非常に多いということです。

クラミジアの感染経路の可能性としてよくあるのは性行為ですが、それ以外にも感染経路は存在します。
例えば、オーラルセックスやディープキスです。
クラミジアは喉にも感染することがあり、咽頭クラミジアとして発症することもあります。
本番行為を行っていなくても咽頭クラミジアに感染している方とこれらを行うことが感染経路になっているケースがあります。

また、クラミジアには潜伏期間が存在します。
数日前に性行為をした覚えがないのにクラミジアが発症した方もいるでしょう。
クラミジアに感染してから症状が現れるまでには、1週間から3週間の期間があります。

クラミジアの恐ろしいところとして、感染した自覚症状が現れにくいという特徴があります。
なので自身が感染していることに気付かずに性行為をしてしまうことで、感染経路になってしまっています。
恋人や夫婦の間でしか性行為を行っていないのにクラミジアに感染した場合は、パートナーが感染しているということになります。
クラミジアは自然治癒することはないので、放置せずに病院へ通いましょう。

ジスロマックの効果でクラミジア治療!

ジスロマックは殺菌効果や静菌効果を持っている抗生物質です。
病原微生物のうち、特に病原細菌に適応します。
病原微生物や病原細菌とは、肉眼では見えないほどの大きさで感染症の原因となる小さな生物の総称です。
病原微生物のうち、特に原核生物と呼ばれる単細胞生物のことを細菌といいます。
細菌は原虫や真菌よりは小さいがウイルスよりは大きく、顕微鏡で確認することができます。

ジスロマックはグラム陽性菌のほか一部のグラム陰性菌に効果を発揮します。
ジスロマックの一般名はアジスロマイシンといいます。
アジスロマイシンはマクロライド系抗生物質と呼ばれるグループに属し、ペニシリン系・セフェム系抗生物質に比べると適応範囲が広く、アレルギーのリスクも比較的少ない点に特徴があります。

アジスロマイシンは呼吸器科や耳鼻咽喉科をはじめとして多くの科で使用されています。
感染症治療のほか、感染症の予防対策として用いられることもあります。
また、歯科における歯周病治療の手段として歯周組織炎や歯冠周囲炎などに対して用いられることもあります。

ジスロマックの副作用とは?

ジスロマックは他の抗生物質と比較しても副作用が少ないことが特徴的です。
それでも副作用が全くないわけではありません。
油断して服用していると、いざという時に副作用に襲われて困ってしまう可能性があります。
ジスロマックを服用する前に副作用についてしっかり理解しておきましょう。

ジスロマックの一般的な副作用として、一番症状の多いのが下痢です。
下痢の副作用は抗生物質全般に見られるものなので、特別ジスロマックが下痢を起こしやすいというわけではありません。
胃腸があまり強くない方や小さいお子さんの服用は、下痢を起こしやすいです。

他にも好酸球の数が増加したり、白血球数の減少が見られます。
これらの発生頻度は1%から3%程度なので、そこまで頻繁に発症するわけではありません。
また、これらは重大な病気に繋がる事もほとんどありません。

発症することは極めて低い確率ですが、ジスロマックの服用により重篤な副作用が発生する場合があります。
主に挙げられるのが、アナフィラキシーショックや皮膚粘膜障害です。
他にも不整脈や肝臓障害が発生する可能性があります。

ジスロマックの重篤な副作用を避けるためにも、服用前に注意事項をしっかりと確認しておきましょう。
軽度の症状であれば問題ありませんが、ジスロマックは薬効の持続時間が長い治療薬です。
重たい症状が続いてしまうのは大変危険な状態ですので、速やかに医師への相談が必要になります。
ジスロマックはマクロライド系の抗生物質です。
マクロライド系などの成分に対して過敏症がある場合は、医師との相談の上で服用してください。
独断での服用をした場合、重大なトラブルを招く危険性があるので注意しましょう。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード