抗生物質の原型はカビ?

抗生物質といえば、医療機関でしか処方をして貰えない薬というイメージを持つ人も多いでしょう。
しかし抗生物質の原型となるものは、とても身近に存在します。
それが、台所等に繁殖しやすい青カビです。

抗生物質の原型について考える女性培養実験中のブドウ球菌の中に青カビが混じった時、その周辺のみブドウ球菌が死滅している事に気づいたのがペニシリン発見のきっかけでした。
抗生物質といえば、とても特別なものとイメージする人も少なくありません。
抗生物質の元は微生物の繁殖を抑える効果のあるカビが始まりでした。
この微生物を抑制していく働きにより、様々な病気の治療に有効と、ペニシリンは高い注目を集めました。

ペニシリン発見後も研究は続き、現在はとても多くの種類が存在してます。
抗生物質は、これまで治す事が難しかった病気を治す事が出来ると注目を集めました。
しかし、この微生物を抑制する働きというのは常に有効とは限りません。
それは、菌の繁殖を抑える事に成功したとしても、菌や微生物はその時点で薬に負けないように進化をしてしまう事も少なくない為です。
その為、同じ菌が原因と考えられる病気であっても、その菌の進化の状態によっては効果が変わってくる事があります。

抗生物質と聞くと菌や微生物をしっかりと殺してくれたり、抑制してくれる万能な薬というイメージを持つ人も多いでしょう。
ですが、菌が進化をしてしまう事によって、抗生物質の効果が弱くなる事もあります。
更に体内には必要な菌や微生物も存在します。
それらを殺してしまうと体の中のバランスが崩れ、様々な不調を引き起こす可能性もあります。
元々は青カビから発見され注目を集めた抗生物質ですが、服用する際は医師の指示に従って服用していく事が大切です。

関連記事はこちら

google+TwitterFacebookハテナポケットフィード